鉄拳は3すくみで成り立っているゲームです。

要するにジャンケンのような事ですね。

 

もちろんジャンケンと違って技術介入があるのですが、

肝心なのはそれぞれの行動には必ず弱点があるという事です。

 

3すくみの構成要素

1.攻め(2択)

相手に接近し、中段と下段の2択を迫る。

要は攻め込むという選択肢です。

 

中段と下段をかけられてずっとガードできる人は存在しないのでこれを続けてれば勝てるという訳です。

 

2.置き技

攻め込まれっぱなしでは困ります。

「相手が攻め込んで来そうだな~」という所で予め、技を出して置いておくという行動です。

 

すると当然攻め込むために近寄って来たり技の出始めに打ち勝つことが出来ます。

 

3.様子見(スカ確)

特になにもしないという選択です。

 

何の意味があるのかというと、置き技を出されていたとき様子見をしていると相手の置き技が目の前でスカります。

技をスカった時には当然隙が生まれますよね。

 

そこにこちらが技を叩き込む というのを スカ確(スカし確)と言います。

 

読み合いがループする

sansukumi

以上の図のような関係になっています。

それぞれの行動に必ず弱点があるので、読み合いがループしていきます。

 

例えば、

 

置き技が多いなーと思ったらスカを待ってスカ確定を入れます。

それに気づいた相手はスカを待ってる間に攻め込んできて体力を削ります。

それに気づいた自分は置き技を多めにして技に引っ掛けます。

それに気づいた相手は様子見を多めにしてスカを待ちます。

それに気づいた自分は様子見の間に攻め込んで体力を削ります。

それに気づいた相手は置き技を多めにします。

 

みたいな感じですね。

上の例はとってもシンプルで、実際はもうちょっと複雑になるでしょうが…。

 

負けたとき、3すくみの内どの行動で負けている?

自分が試合に負けたり、最近上手くいっていないなーと感じたら、

自分が3すくみのうちどの行動で負けているのかを考えると良いです。

 

それを考えながら自分の行動を改善していくだけでも今より5段は段位上がるよ!

 

 

ってノビさんが言ってました。(丸投げ)