131418

お久しぶりです、サボってました。

 

今更ですが、鉄拳7FR稼働しましたね!

豪鬼という問題児が登場し、性能も少々壊れ気味といった感じの仕上がりでした。

 

しかし、2016/08/09 現在 調整が入り火力がマイルドになった模様。

 

ストリートファイターシリーズをやったことがないので使いこなし方や特性を自分も把握しきれてはいません。

しかし、トッププレイヤーの解説やTwitterなどで情報収集してみて分かったことをとりあえずメモ代わりに。

 

豪鬼対策の基礎知識

間合い

飛び道具を持っているものの、それ以外は豪鬼のリーチは短いです。

大足しか届かない距離でしゃがむ のが良いとされています。

 

あれですね、シャヒーンのしゃがみ二択への対応みたいな。

 

飛びについて

豪鬼のジャンプは通常飛びと百鬼ジャンプがあります。

ジャンプからは波動拳とか竜巻とか出ます、百鬼はまた別の技たちが出ます。

 

基本横ペラなのですが、竜巻だけは横に強いです。

ジャンプの発生速度、着地硬直の少なさともに速い。

 

そしてジャンプ中の技はガードで豪鬼側が有利になる技が多いです。

詳しくはina tekken参照。

 

百鬼

くるんとジャンプして、その後蹴りで降下、投げ、ホーミング蹴り、着地下段とか色々します。

 

 

何げに投げが嫌ですね。見てからしゃがめないし、最初からしゃがむのは割に合わない。

百鬼に対してはホーミング以外に対応出来る横移動が良いのではないかと。ちなみに左横の方が良いみたい。

 

あまりにも読まれてしまったら微妙ですが…。

そうなったらまた考え直し、面倒な技だな~。

 

波動

波動拳への対応技みたいのは公式に載ってましたね。

取り敢えず覚えておきたいのは近距離でガードすると豪鬼側-13fってとこですね。

 

ただし、灼熱には確反ありません。

EX波動もありません。

 

竜巻

弱竜巻はガードで豪鬼側-15f

強竜巻は-14fです。

 

後は空中竜巻ですが、スカ硬直が短いのに注意。

浮かせようとして普通にガードされて逆にやられたりしがち。

 

ありがちなパターンと対応

中足波動・竜巻

中足とは豪鬼の2lk 下段技です、ヒット後波動拳や竜巻旋風脚が繋がったりします。

豪鬼としてはかなり重要な技ですね。

 

百鬼で飛び込んできて中足or中段 という定番パターンがある。

ノビ講座で知りましたが、百鬼ガード後山ステをちゃんと出来れば中足が先端ヒットとなります。

 

先端ヒットだとその後の必殺技が繋がらないです。

クリーンか先端か確認するのは難しいので相手が漏らす→確反できっちり減らす。という技が有効!

 

ただしEX波動の場合は反撃なしです…。

 

追い突き百鬼

豪鬼の追い突き(蒼天衝)とは、しゃがみから出す立ち途中のアッパーのことです。

これは出し切りガードで通常豪鬼側-13fとなるのですが、何と途中でキャンセルして百鬼へ移行出来ます。

 

百鬼へ移行すると不利が減り、確反を打とうとしてスカったりしてしまいます。

ジャブが全対応みたいですが、横移動したりして背面・側面狙うのがリターンは大きいかも。

 

追記

2016/08/09 update で追い突きガード後-15fになったぽい。

百鬼移行時はよく分からない、情報求む。

 

豪鬼の弱点

確反のある技が多い

中段技とかリスクのある技は結構ある。

 

とても便利な動画上げてくれている方がいるので見ると良いでしょう。

 

下がりが鈍い

まぁ、攻めるキャラだから余り意味ないかもしれないですが…

バクステの幅が狭いような感じがする。気のせい?

 

リーチが短い

最初の「間合い」で書いたこととほぼ同じですが…波動除けばリーチが短いです。

逆に近距離は強いですが、豪鬼の得意な間合いをなるべく作らないようにしましょう。

 

その弱点を補うために飛びとかで近づいてくるのでその対応を知っておくことが大事っぽい。

 

おわりに

調整入ったばかりなので少し違いところもあるかもしれませんが、参考までに!

とりあえず家庭用はよ。